ニュース

休眠アカウント削除の基準や条件は?凍結Twitterはどうなる?

 

米Twitterはアクティブではないアカウントに対し、12月11日までにログインしないと削除する」という警告メールを送っていることが判明しました

そこで今回は

  • 休眠アカウントはどういった基準で決まるのか
  • 凍結・故人のアカウントはどうなるのか

についてご紹介していきます




休眠アカウントとは

Twitter社によると、アカウントについて以下のように記入されています

ポイント!

少なくとも半年に1回はログインしツイートすること

この内容から考えると、休眠アカウントは半年以上ログインしていないアカウントが対象と思われます

以前からTwitter社では「アクティブでない期間が長期にわたると、アカウントが恒久的に削除される場合があります」とは警告していましたが、実際に削除すると警告したのは今回が初めてだそうです

そのため、半年以上ログインを行っていないアカウントは12月11日以降一気に削除が行われてしまう可能性があります




どうすれば防げるの?

先ほど半年間ログイン・ツイートを行っていない場合、アカウント削除の対象になるとお話ししました

このアカウント削除を防ぐには、最低限

  • 12月11日までに該当のアカウントにログインし、ツイートを行う
  • 更新したプライバシーポリシーに同意する

必要性があります

 

これだけでは防げない可能性がある

しかしTwitter社は付け加えて、アカウントの扱いに関してこのようなポリシーを載せています

アクティブかどうかの判断はログイン状況に基づきます

なお、アカウント運用状況の判断基準となる要素は、一般に公開されているものばかりではないため、利用者の皆様がアカウントの運用状況を確認することはできませんのでご了承ください

これは「今回1回だけつぶやいても判断基準を満たせない可能性がある」と判断できます

こちらの運用状況は私たちが見ることはできないので、どうしてもアカウントの削除をされたくない場合は、毎日のログインとツイートを行うことで削除を防げるのではないかと考えられます

つんガル
つんガル
12月11日を乗り越えられたら、少しは活動を薄くしても大丈夫なはずよ

とりあえず絶対にアカウントを削除されたくない場合は、12月11日という日を乗り越えられるように、”活動している”ことをアピールすることが必要ね 




凍結アカウントは?

アカウントが現在凍結されており、ログインを行いたくともできないアカウントがある方もいると思います

しかしながら、今回のアカウント削除は凍結アカウントに関しても例外なく行われるものと思われます

その理由として、米Twitterの警告メールを以下に記載します

Twitterを利用し続けるためには、あなたは現在の利用規約、プライバシーポリシー、Cookie利用について承認する必要があります。承認することで、あなたがTwitterと共有する情報について最善の決定ができるだけでなく、あなたがTwitterアカウントを今後も使えるようになります。だが、その前に、2019年12月11日までに以下のボタンをクリックしてログインする必要があります。そうしなければ、あなたのアカウントはTwitterから削除されます

Sato
Sato
ポリシーに同意がなければ例外なく削除…って感じだね

もし今手続き途中であるなら、早急にアカウントを復活させてポリシーに同意をする必要があるね

 

故人や過去の公式アカウント

こちらも例外なく今回の措置が行われます

そのため、半年以上活動のない故人・過去サービスを配信していた公式アカウントに関しては、家族や公式がポリシーに12月11日までに同意を行わない場合削除されてしまいます

Sato
Sato
残念だけど、これらを僕らで防ぐ方法はないみたいなんだ

だからこそ自分たちにできることは、公式に訴えかけることくらいだね

 

休眠アカウント削除理由

今まで放置してきた休眠アカウントについて、なぜ今削除が行われるのでしょうか?

その理由に関して、2つの理由が挙げられています

削除理由
  1. ユーザー名を解放して、ほかのユーザーが使えるようにする
  2. アカウントの信頼性を高める
つんガル
つんガル
この削除活動で悲し事もあるけど、怪しいアカウントが削除されることで「フォロワーを盛っている」人なんかは一気に正体を暴かれるわ!

ユーザー名開放も、今まで使えなかった名前が使えるようになるかもしれないから、もし使いたいユーザー名がある人がいるなら全力で狙いに行くのも手ね

 

こちらの記事もオススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です