未分類

センター試験後の二次試験対策!やること・巻き返しする方法を解説

 

センター試験を終え一安心したいところですが、試験はこれでおわりではありません

国公立大の二次試験をこえてこそ、自分が勉強をしてきた成果を発揮できたといえるでしょう

ここでは、二次試験に対して先輩方はどのようのに乗り越えてきたのか。また、今現在どういう部分をきをつけるべきなのかについてご紹介していきます!

 

二次試験とは

国公立大学では定員の8割を一般選抜で応募しており、一般応募の試験方法に含まれるのが二次試験です

皆さんならとっくに理解しているとは思いますが、”センター試験”と”二次試験”の結果をもとに合否が発表されます

 

前より二次試験までの期間が短い

実はセンター試験の日程は昨年度と同じですが、更に前の年と比べると1週間ほど遅くセンター試験が行われています

そのため、二次試験までの期間はすこし短い状態で試験に挑まなければならないんです

なので、センター後に落ち着きたい気持ちもありますが、「最後の大勝負!」とすぐに二次試験に対して気持ちを切り替える必要があります




二次試験で意識する事

二次試験で意識するべきことは大きく分けて2つ

  1. 二次試験の記述は”加点式”
  2. 気持ちの切り替え

二次試験に向けがむしゃらに勉強することも大切ですが、センター試験との違いを理解し、二次試験に合わせた勉強をする必要があります

そのためにも気持ちの切り替えはとても重要な「意識するべき点」となるんです

 

センター後にするべき事

気持ちの切り替えや勉強が大切なのは分かったけど、じゃあ何からすればいいの?と疑問に感じますよね

ここからはセンター試験後にどんなことをすればいいのかについてご紹介していきます

 

問題に慣れる

センター試験前はもちろんセンターに対する対策をひたすらやっていたと思われます

気持ちも「もうすぐセンター試験だ…」という部分が強く、二次試験に対する問題は完全にとは言いませんが結構抜けているのではないでしょうか?

二次試験の勉強をしていた自分を取り戻すためにも、早急に過去問に取り組みましょう!

これをすることで二次試験に対する対応力がどんどん思い出される筈です

 

とにかく過去問をやる

限られた時間で一番効率よくできる対策は、過去問をとにかくやることです

今から基礎をやり直す時間はほとんどないので、過去問題に取り組み、どのくらい自分が対応できているのか把握しましょう

合格の最低点数を超えるためにも、この過去問はとても大切です!




記述を重視した勉強

二次試験は”加点式”のため、それだけ高得点をとれるかが勝負になります

そのため、ただ答えるのではなく模範解答にいかに近づけるかが重要視されます

毎回頭を使い、考えて回答するのはとてもしんどいとは思いますが、残りの限られた時間を無駄にしないように意識して記述を行いましょう

 

総合的に勉強する

センター試験とは求められている部分が違う分、予測をするのが難しいのが二次試験です

センター試験とは違い、”ココを重視すれば良い”などはありません

なので一つの部分に特化するのではなく、総合的に勉強をしましょう

過去問に取り組むといっても一つの分野に集中していては意味がないので、総合的に取り組む必要があります!

 

気持ちの切り替え

何よりも大切なのは「気持ちの切り替え

センターが終わり、一番気持ちが緩んでしまうのがこの時期です(毎年ここで気が緩む人はかなり多いそうです)

この、いま過ごしている期間を”過去問などの勉強に充てる”か”怠けてしまうか”の違いで「受かる」「受からない」が決まります

もちろん、ここを見ている誰一人として後者には絶対になりたくないはず

受験はまだおわっていません。むしろセンター試験が終わってスタート地点に立てたくらいです

どうしても気持ちが切り替えられない場合は、周りの友人や先生などに相談する事も一つの手といえます

ここでしっかり自分の気持ちを二次試験に切り替え、必ず受かれるように対策を行いましょう!




先輩方の体験談

自分で色々考えて勉強をしていても、「本当にこれでいいのかな」と必ず不安になるタイミングがあると思います

ここからは”自分の行きたい大学に合格した先輩方”の勉強法や気持ちの切り替えについてご紹介します

ぜひ参考にして受験勉強に役立てましょう!

 

どのような勉強法をしたか

  • 一度解いた過去問の解き直しから始めた
  • 受ける予定の私大過去問を解いた
  • 記述中心の演習を行った
  • 演習系の講座と過去問の復習をずっとやっていた
  • テキストやノートを2周見直した

気持ちはどう切り替えたか

  • 終わったこと(センター)に執着しても意味がないので、これからどうするか考えた
  • センターの点数が思わしくなかったため、焦りで自然と切り替わった
  • センターの教材をすべて捨てた
  • 「ここからが本番!」という感じで自動的に切り替わった
  • どんな点数でも絶対に最後までやりきると前々から考えていた

 

今からでも気持ちの切り替えはできる!

この記事を読んでいて「今からじゃ遅いかも…」なんて弱気になる必要はありません!

今からでも全然間に合いますし、なんならこの時点で動ければまだ早いくらいです

自分に自信をもって、二次試験の対策に取り組みましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です