ニュース

【コロナウイルス】正式名称「COVID-19」の読み方や由来は?

 

コロナウイルスの正式名称が2020年2月12日に発表されました

その名も「COVID-19」

今回はこの「COVID-19」の読み方や、その名前の由来についてご紹介していきます

 

「COVID-19」の読み方

WHO(=世界保健機関)が名付けた、コロナウイルスの正式名称「COVID-19」

これは「コービット・ナインティーン」と読みます

「コヴィド」や「コビド」ではないので注意が必要です




「COVID-19」の由来

「COVID」は英語の「コロナウイルス(Coronavirus)」と、「病気(disease」を略したもので、19は”2019年に発表された”という所から来ているそうです

難しいようですが案外単純な意味で付けられている名前ですよね

 

どういう基準で名前が決まるのか

こうした流行ウイルスの名称を決める際は、名称決定ガイドラインに沿って決定します

新型ウイルスの名前に含んではいけない要素は以下の通りです

  • 地理的な位置
  • 人の名前
  • 動物や食品の名前
  • 特定の文化や産業の名前

また、これに合わさって名称は短く、病状を説明するものである必要があります

これらの要件を満たす名称を作成するのに約2週間前から取り組み、1つに絞るまで二日間を要しました

 

なぜ正式名称を決める必要があるのか

単なる1つの名前にも関わらず、名称を決めるのに結構な時間が経っていますよね

こんなことに時間を使うなら人命救助に勤しむべきなのでは!と感じる方もいるかもしれませんが、実は名称を決めることは結構な重要性があります

理由としては、様々な場所でいろんな呼び方がされると、特定の人物や地域の反感を買いかねませんし、同じものについて話しているにもかかわらず別のものとして認識される可能性があるからです

 

「コロナウイルス」は正式名称じゃないの?

そもそもこの病気自体がコロナウイスじゃないの?と思うかもしれませんが、この考えが若干認識が違います

コロナウイルスはこの病気が属するウイルス群の名前であり、正式な名前ではないんです




広がり続ける「COVID-19」に細心の注意を

正式名称が発表され、全世界で共通の名称が使用されるようになりました

このおかげで、海外の情報に関しても今まで以上に検索が行いやすくなったのではないかと思います

今後もさらに被害の拡大が予想できるので、海外の「COVID-19」情報に耳を傾けつつ、十分にウイルスへの対策を行いましょう!

こちらの記事もオススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です