恋愛

好きな男性とLINEが続かない!好かれLINEと嫌われLINEを徹底解説

 

皆さんは好きな男性から必ず返信が来ていますか?もし少しでも「返事が来ない…もしかして嫌われたのかな」なんて不安になった経験があるなら、相手に対し”嫌われLINE”をしている可能性があります

今回は「好きな男性」から返事をもらえる”好かれLINE”

そして、相手から嫌われてしまう”嫌われLINE”についてご説明していきます

 

LINEが続かない原因

普通のLINEをしているはずなのになぜか返信が来ない…

好きな人から返事がないのはとても不安になりますよね

特に相手がTwitterInstagramには浮上しているとなおさら不安になります

 

ではなぜLINEが続かないのか?

その原因は、話の内容を見る事で人それぞれの”嫌われLINE”が見えてきます

 

1.質問攻め

相手の事が好きだと、ついつい色々な情報が知りたくなり質問攻めしがちです

でも特になんとも思っていない相手から質問攻めにあっているところを想像してみてください….

正直”面倒だな”と感じませんか?

 

相手と仲を深めるために質問をすることは、実はとてもいい方法なんです。その理由は相手の好きな事嫌いな事を知る事で話の内容が定まってくるから

相手の好みが分かれば話を続けやすいのですが、質問ばかりになると相手も苦しくなるもの

よく刑事ドラマなんかでかつ丼を差し出しながら「さっさと罪を言うんだ」という”尋問のシーン”はご存じでしょうか?

質問攻めというのはまさにその尋問を好きな人にしているということになるんです

質問攻めはほどほどにし、タイミングと回数を考えて行いましょう!

 

2.内容が長い

話しているうちに楽しくなり、内容がどんどん長くなる…なんてことありませんか?

長文での会話が好きな人も勿論いるのですが、大抵の男性は長文LINEを好みません

まるで物語を読んでいるような気分になり、本が好きな方はいいのですが、部活などで忙しく本はあまり読まないといったタイプには、長文LINEがかなり重荷になります

楽しくなる気持ちは抑えつつ、内容は絞って送るようにしましょう!

 

これをするメリットは沢山あり、まず長々と書いていた内容を細かに分ける事で「会話の回数」が増えます

その他に、文を考える・打つ時間が短縮される為素早い返信が可能になります

 

話を分けることはメリットも多いので、長くなりすぎないLINEを送るように心がけましょう!

 

3.スタンプの乱用

先程の内容で「長い内容のLINE」についてお話ししましたが、逆に「短すぎるLINE」もNGです

よくあるのがスタンプでの返信

最近は多様なスタンプが増えてきたためついついスタンプで返信をしがちですが、会話はそこで終了してしまうため、連絡を続けたい人は致命的な内容になります

ニコニコスタンプや、おはよう・おやすみだけのスタンプ

そこから会話を広げられればいいのですが、大抵はスタンプのみの場合既読無視で終わる事がほとんどです

もし返してもらいたいのであれば、少なからずアクションを起こしましょう

何か教えてもらったときは「ありがとう!他にも~」といった感じで関連する話題を続けたり、おはようの返事を返す際に「おはよー、そういえば今日寒いらしいけど上着持った?」と天気や気温の話に関連付けたり

このように会話を自然に続けられるような返事を心がけてみましょう

 

続くLINEの内容

それではどのように対策することでLINEが続くようになるのでしょうか?

返事が来ないことを相手のせいにしたり、受け身状態で待っているだけでは一生改善しません。好きなのは自分なのだから、返事が来ないなら「返事をしたくなるようなLINEを送る」事をすればいいんです!

ということでここからは”好かれLINE”についてお話していきます

 

LINEをする男性心理

まず大前提で、男性と女性とではLINEに対する認識が違う場合が多いです

特に好きな相手が運動部・仕事バリバリの真面目系の場合は注意が必要です

というのも、性はあまりLINEでダラダラ話すことが好きではなく、連絡手段の中でも「必要な内容だけやり取りできればいい」と考えている人が多くいます

勿論そういう人たちでも、気になる人には返事を返したくなるものなので、ポイントとしては「相手が返したくなるようなLINE」をすることが必須条件となります

 

返したくなるようなLINE

とはいうものの、それが分からないからここにきてるんだろ!と思われるかと思いますので、ここからは返したくなるLINEの内容についてご紹介します

 

1 2
こちらの記事もオススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です