ニュース

Googleマップにシークレットモードが登場?プライバシーが今まで以上に守られます!

 

9月18日に行われた「Google Maps Incognito Mode sent to preview group for testing」において、GoogleがGoogleマップのアプリにシークレットモードの試験提供を開始したとの発表をしました


(出典:マイナビニュース)

このシークレットモードにすることにより、Google Chromeのシークレットモードのようになり、プライバシーを考えた動作になるとのことです

現代ではインターネットを利用する人が増え、今まで以上に個人情報に関してはかなり注意が必要となってきました

そんななかこうした個人を守ってくれる機能が増えることはとてもうれしいですね!

 

シークレットモードとは

そもそもシークレットモードとはどういったものなのでしょうか?

 

この機能は、Google Chromeにすでに搭載されており「履歴を残さない」ページのことです

例えば普通にネットを利用している中で、ログインを行うサイトを利用したとします

その際に入力したユーザー名やパスワードはパソコンによって記録され、再度同じサイトを開いた際はわざわざ入力をしなくともログインすることができます

一見すると便利な機能ですが、履歴として残っているからこそ危険性もあります

 

履歴が残ることで起きる危険

沢山のサイトを利用することで、その数ぶんのユーザー名やパスワードが保持されます

もし何らかの形で自分のアカウントが不正にログインされてしまった場合、それらの情報を使い悪質なユーザーが様々なサイトにログインできてしまうのです

 

これらを防ぐためにも、シークレットモードはとても役に立つのです

 

試験提供とは

これらの機能はまだ正式にリリースされていないため、現在は限定されたユーザーにのみ提供がされています

シークレットモードに関してはすでに機能発表から4か月ほど経過していますが、今回の様子をみるとシークレットモードにたいし少し道が開けたかな、といった印象です

 

まとめ

ここ最近では、今まで以上に「プライバシー」に関する強化が求められています

移動データというのは中でもプライバシー要素が高く、これらが公開されてしまうことはまず避けたいとほとんどです

Googleマップは利便性が高く、多くの方に利用されているので、今後もこのシークレットモードに関する注目が集まりそうです!

こちらの記事もオススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です