ニュース

トヨタの新型車ヤリスとヴィッツの違いは?性能や新機能を比較

 

2019年10月16日、トヨタ自動車は新型「ヤリス」を世界初公開しました。「ヤリス」の販売時期は2020年2月が予定されています

ここで気になるのは、前のモデルである「ヴィッツ」との違いです

今回はコンパクトで高性能であるトヨタの新型車「ヤリス」と、前モデルである「ヴィッツ」の違いについてご紹介していきます

 

スペック比較

まずは「ヤリス」と「ヴィッツ」のスペックの差です

ボディーサイズ

ボディーサイズは全長×全幅×全高で求めることができます

ボディーサイズ

ヤリス:3940×1695×1500mm

ヴィッツ: 3945×1695×1500mm

今回の「ヤリス」はヴィッツとの差は極わずかな全長ー5mm

大きさで比べると、二つは大差ないといっていいでしょう

 

ホイールベース

ホイールベース

ヤリス: 2510mm

ヴィッツ:2510mm

全長に大きな差は見られませんでしたが、ホイールベースは40mmも延長されています

ホイールベースが長いメリットとして、後席の足元が広くなるほか、直進の安定性が増します高速道路で長時間移動することがとても楽になるため、遠出する機会が多い方にはオススメです

ただし小回りが利きにくい、というデメリットもあるため、初心者の方が扱うには少し難しいかもしれません

 

車両重量

重量

ヤリス:従来型に比べ50kg軽量化

ヴィッツ:1110kg

車にとって重量は燃費と性能にかかわる重要な部分です

軽くなることで走行に必要なエネルギーが少なくなるため、燃費が良くなり同じ量の燃料でもより多く走ることが可能です。また、軽くなることで、車にかかる遠心力の大きさが小さくなるため、旋回性能が向上します

高性能でかつ燃費がいいとなるととても魅力的です

 

エンジン&排気量

エンジン&排気量

ヤリス:1.5リッター直噴直3ユニット

ヴィッツ: 1.5リッター直列4気筒ガソリン

新型ヤリスのキモとなる、新開発された自然吸気の「ダイナミックフォースエンジン」。6段MTまたは発進用ギア付きのCVTが組み合わさっています

小型&軽量な新開発ハイブリットユニットを併用することで、今までのモデルと比べ20%も燃費が良くなっています。これは世界最高レベルの燃費性能を実現するといわれています

 

カラー

カラーバリエーション

ヤリス:18種類

ヴィッツ: 17種類

ヴィッツは単色でのバリエーションが17種類ですが、ヤリスは12種類とツーカラーのものが6種類の計18種類です!

ヴィッツには単色しかなかったため、さらにカラーの幅が広がりました

人気の定番色に加え、ヤリスには「ライムグリーン」も追加

ツートーンでは「ブラック×コーラル」「ホワイト×レッド」などの組あせもあるので、珍しい配色で周りとの差をつけていきましょう!




ヤリス新機能

ここからは新型ヤリスに搭載された新機能についてご紹介していきます

ヴィッツにはない様々な機能が追加されているので、購入する際の参考にしてみてください

Toyota Safety Sense 標準搭載

Toyota Safety Sense というのは、レーザーレーダーと単眼カメラを併用した検知センサーと、それに基づく統合的な制御により事故の回避や衝突を軽減してくれる機能です

今までの段階ではオプションという形での購入でしたが、今回の新型ヤリスには標準搭載

人は人である以上必ずミスをしてしまうものなので、こうした安全機能があるだけで心の余裕は全く違います。高機能に加え安全面のサポートも手厚いのはヤリスの大きな魅力です!

 

プリクラッシュセーフティ範囲強化

プリクラッシュセーフティとは、歩行者(昼・夜)や自転車(昼)を検知し、衝突回避や被害軽減を行う機能です

この機能が、右折時の対向直進車右左折時の横断歩行者も検知対象となりました!

また、低速時の事故予防をサポートする「低速時加速抑制」機能も追加。これは、停車や徐行状態からアクセルが必要以上に踏み込まれた際に、ンジンを抑制したり弱いブレーキをかけ加速を抑制する機能です

ここ最近は「アクセル・ブレーキの踏み間違え」「巻き込み確認不足」などの事故がよくテレビで取り上げられています

こうした事故を自分自身が起こさないように、いざというとき力になると考えるととてもいい機能ですよね

 

駐車支援システム

駐車が苦手な人は絶対に搭載するべき機能です!


(参照:ITmediaビジネス ONLINE)

この駐車支援システム「Advanced Park」は、ハンドルだけではなく、アクセル・ブレーキも抑制し、駐車に必要な操作を支援してくれます(シフト操作のみ行う必要があります

さらに、事前に駐車登録を行うことで、白線のない駐車場でも使用可能に!

駐車に必要な操作がここまで削られているのはなんと世界初

ぜひ最先端の機能をご自身で体感してみてください

 

高性能新型ヤリスの魅力

ヤリスとヴィッツは見た目の大きさに大差はないものの、性能は段違いのものとなっています

より運転のしやすい、コンパクトカーの魅力を最大限に引き出した車とも言えます

因みにヤリスの見た目に関して、エクステリアの理想イメージとしては「黒豆」を掲げているそうで、ツヤと凝縮感のある(おいしそうな)見た目を追求したそうです

 

発売予定は2020年2月10月末~12月にかけて全国各地での展示を予定しているそうです

この高性能なヤリスを一度見に行ってみてはいかがでしょうか?

こちらの記事もオススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です