ニュース

印旛沼が氾濫危険水位に。成田市の避難所、氾濫影響と被害・対策

 

25日に起きた大雨による被害により、千葉県内の多くの河川で氾濫や土砂崩れが起きました

そして河川だけでなく、26日 11時30分ごろ成田市や佐倉市などに広がる印旛沼が氾濫危険水位に達しました

今回は現在の被害状況や、氾濫の範囲、そして今後考えられる被害やその対策についてご紹介していきます

 

印旛沼が氾濫危険水位に

2019年10月26日 午前11時30分ごろに、千葉県印西市にある北印旛沼観測所で氾濫危険水位に達したという報告がされました

現在は徐々に水位が減少しているものの、危険な状態が続いています

また、隣接する水田などには水が流れ込んでいる場所もあります

印旛沼に注ぐ複数の川の水位が上がり、徐々に流れ込んでいるため、沼の水位も下がりにくい状況が続いている影響があります

 

印旛沼普段との比較

いつもの印旛沼とどれほどの差があるのか、現状の写真と比較した画像がこちらです


(参照:NBCチャプター千葉ローカルblog)

 


(参照:Harry UP!!!)

印旛沼がどれほど水位が増したのかが一目で分かります

沼は水位が下がりにくいこともあるため、現在もこの状況が続いています

 

成田市の防災情報

16時に成田市より、印旛沼の水位上昇に伴い印旛市周辺の地域に対し

【警戒レベル3】避難準備・高齢者等避難開始

を発令しました

これは、高齢者や足の悪い方等の避難に時間を要する人は避難が必要とされるレベルとされています

自分の状況と照らし合わせ、どのタイミングで避難をするべきなのか最新情報をもとに行動をしましょう

 

成田市避難所

現在避難所として

  • 公津公民館
  • 八生公民館

を開設しています

避難場所への避難自体が難しいとされる方には、近くの安全な場所や、屋内の高い所への避難を呼びかけています

 

現在の水位情報・ライブカメラ

印旛沼のリアルタイム水位情報はYahooで掲載されています

昨日18時から氾濫危険水位を超過し、現在も水位が下がらない状況が続いています

 

成田市のライブカメラは以下のサイトで見ることができます

夜間は暗いため映像をうまく確認できません。昼などの明るい時間に見ることをおすすめします

 

氾濫による被害状況

孤立した園児

山武市で25日、作田川があふれだした影響により幼稚園に通じる道が冠水し、その際に園児ら64人が孤立してしまいました

25日夜に地元の消防隊本部が水陸両用車を使って園児たちを助け、現在はけがもなく無事です

 

土砂崩れ

緑区では2か所で土砂崩れが発生し、住宅が飲み込まれました。民家からは40~60代の男女計3にんが発見され、いずれも死亡が確認されたそうです

大雨から一夜明けた本日、避難先から戻ってきた近隣住民の方々はあまりの光景に絶句しました

同区誉田町では、住宅2棟に土砂が流れ込み、1棟の民家に住む40代と60代の女性二人と連絡が取れなくなりました

40代の方は26日にがれきの中から見つかり死亡が確認され、もう1棟に住んでいた3人は外出中だったため無事であることが確認されました

 

冠水した道路の車

長柄町では冠水した道路に止まっていた車の中で80代の男性1人が死亡していました

また、町内の河川敷の近くでも軽自動車の中から50代の男性が遺体で見つかりました

 

断水

鴨川市では、水を作る工場である「浄水場」が浸水により故障したため、東条地区の4699戸で断水しています

現在も復旧活動が行われていますが、断水解消の見通しは立っていないそうで、代わりに給水車で対応を行っています

 

浸水した車の危険性・対処法

国土交通省では浸水した車についてこのように話しています

浸水した車は感電事故や車が燃えてしまう危険性があるそうです 。これらの車に対しては以下の対処をするように呼び掛けています

車の対処法
  1. 自分でエンジンをかけない
  2. 使用したい場合は、最寄りの整備工場に相談する
  3. バッテリーのマイナス側ターミナルを外す

車の中でも、特に

  • ハイブリット車(HV)
  • 電気自動車(EV)

これらは高電圧のバッテリーを搭載しているので、絶対にむやみに触らないでください!

 

氾濫していなくても安全ではない

上記で紹介した被害状況を見てもわかる通り、雨や冠水による事故よりも、雨により起こった土砂崩れ断水による被害が多くみられます

氾濫していないから安全、ではなく、そこから引き起こされるであろう二次災害に警戒をし、身の安全を確保しましょう

 

こちらの記事もオススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です