ニュース

iPhoneアプリのトロイの木馬による障害、確認方法・消し方

 

本日10月28日に、App Storeで提供されているアプリから「トロイの木馬」の感染している17個のアプリが発表されました

そこで今回は

  • トロイの木馬とは
  • 現在の携帯の状態調べ方
  • ウイルスを消す方法
  • 今後の対策

についてご紹介していきます

 

ウイルスと呼ばれる理由

ウイルスとして「トロイの木馬」と呼ばれているのは、このギリシャ神話の物語から来ています

このウイルスはマルウェアと呼ばれる悪質ソフトウェアの一種です

利用者に有益なアプリ(大きな木馬)に偽装して、利用者がこれらのアプリをインストールすると、たちまち感染していしまい個人情報などを盗み取られてしまいます

このような不正プログラムである利用者の好みそうなデータアプログラムに偽装している」という特徴から「トロイの木馬」と呼ばれています

 

トロイの木馬被害例

トロイの木馬は直接的に何かを壊したりするウイルスでは無い為、ひっそりと息をひそめながらユーザーを監視しています

ここからはトロイの木馬で実際に被害にあった内容についてご紹介します

 

銀行預金が消えていた

利用者がネットを見ていたところ、とあるサイトでトロイの木馬が施されたアプリをPCに自動的にダウンロードされてしまいました

そこからトロイの木馬は、利用者が銀行のインターネットへアクセスするまで監視

その後、利用者が銀行のインターネットにアクセスする際に「ID」「パスワード」を取得、そして悪質なユーザーが利用し、銀行の預金が盗まれたというものでした

 

電話帳の情報が盗まれる

androidで出ていたアプリで「電池を長持ちさせる」と誘い文句を言い、悪質ユーザーはトロイの木馬が仕込まれたアプリを利用者にダウンロードさせていました

このアプリはインストールするだけでその端末の電話帳情報を盗むことができるため、多くのユーザーが被害にあいました

 

自分がスパムメールを送信していた

トロイの木馬は情報を盗むだけでなく、実は陰でこっそり動くこともできます

利用者が全く別のことをしているにも関わらず、その裏で知り合いに大量のスパムメールを送るというものです

身に覚えがないにも関わらず影で犯罪に手を染めているという何とも悪質なトロイの木馬です




現在の携帯にウイルスがあるか調べる方法

ウイルスに感染しているのか調べるにはウイルス対策ソフトを使うのが一番の方法です

ウイルススキャンを使用することにより、大半のウイルスは消すことが可能です

※ただし100%除去はどの対策ソフトを使用しても不可能なため、完全に安心できるというわけではありません

ウイルス検出ソフトで有名な大手は以下の通りです

ウイルス検出
  • ウイルスバスター
  • ノートンモバイルセキュリティ(30日間無料)
  • ESETセキュリティソフト
  • マカフィー

これらの対策アプリを通すことでウイルスを見つけ出し、より安全にiPhoneを利用することができます

上記で紹介しているもので、「ノートンモバイルセキュリティ」は30日間無料でスキャンが可能なため、今回の件でiPhoneの状態を知りたい方はインストールをおすすめします

 

iPhoneはウイルスに感染しない?

よく、iPhoneはandroid端末に比べ「ウイルスに感染しない」といわれています

なぜこのように言われているのかというと、iPhoneはインストールできるアプリがApp Storeに限定されているからです

 

なぜApp Storeで限定されていることが「感染しない」につながるのか

App Storeでは厳しいガイドラインを設けており、appleの社員がすべてのアプリを手動で確認しているそうです

ただし、レビュー担当は一日に50~100ものアプリを審査しているため、1つのアプリを審査する時間が短いことが今回問題に繋がってしまったのではないかと思われます

 

androidは安全なのか

App Storeの審査時間が短く今回のようなことが起きてしまったのであれば、androidは安全なのか?というと、じつはそうでもありません

androidは、スマートフォンを販売するメーカーが自由にカスタマイズをできるオープンなOSです

そのため、それぞれのメーカーやバージョンにより脆弱性が異なります。また、Googleのアプリストアは、審査外のアプリも自由にインストールすることが可能です

このためandroidはiPhoneより比較的悪質なプログラムが侵入しやすい仕様となっています




ウイルスを消す方法

1.ウイルス検出アプリをインストール

大手のウイルス検出アプリは、ウイルスを見つけ出すだけでなく、そのあとのウイルスを消す作業まで行ってくれます

一番被害が少なく、かつすぐに行える対策になります

しかし無料でないものがほとんどのため、初期費用がかかってしまうことがデメリットとして挙げられます

 

2.iPhoneを初期化

どうしてもウイルス対策アプリをインストールするのが怖い・お金をかけられない

という事であれば、端末の初期化が早いです

以下の手順で進めることにより、iPhoneを初期化することができます

  1. 「設定」
  2. 「一般」
  3. 「リセット」
  4. 「すべてのコンテンツと設定を消去」
  5. パスワード入力
  6. 「iPhoneを削除」

ただしこの場合端末の情報は文字通り”初期化”されてしまいますので、データはバックアップを取るなどして、消えないように対策をしましょう

 

今後の対策

では、今回のような悪質なソフトをダウンロードしたり、iPhoneがウイルスに感染しないためにはどのような対策をすればいいのでしょうか?

基本的に自分では防ぐことのできないようなウイルスに関しては、多くの場合Apple社のほうでブロックしているため心配はいりません

なので、ここからは自分で行うことのできるウイルス対策をご紹介します

1.App Store以外からアプリをダウンロードしない

今回の件には当てはまりませんが、App Store以外からダウンリードしたアプリから感染してしまうケースがあります

審査を行っていない分、安全性は皆無です

こうした出所のわからないアプリをインストールする事は避けましょう

 

2.脱獄(ジェイルブレイク)しない

ジェイルブレイクとは「1」で紹介した内容にも似ていますが、App Storeに認められていないアプリをインストールし利用するというものです

ジェルブレイクに関してはメリットとデメリットが存在します

メリット
  1. アイコンのデザイン、大きさ変更
  2. アプリ毎にパスコード設定
  3. 広告、ポップアップブロック
  4. コピーペースト機能拡張
  5. スクロール高速化
  6. 電話をかける前、メール送る前に確認

などなど、iPhoneをより良くするカスタマイズが主に言われているメリットになります

デメリットは、というとAppleのサポートを受けることができないためすべて自己責任、という点です

これがジェイルブレイクの大きなデメリットであり、これによりウイルスに感染してしまうケースがあります。安全にiPhoneを利用したいのであれば、こうしたジェイルブレイクを行うのはやめましょう

 

3.最新のIOSとアプリを使用する

IOSやアプリを最新盤にアップデートすることにより、より脆弱性のない状態にすることができます

脆弱性とは

プログラムの不具合や設計上のミスが原因となって発生した情報セキュリティ上の欠陥のこと

セキュリティの甘い端末は簡単にウイルスの侵入を許してしまいます

ウイルスは日々悪質なユーザーにより高度なものへと変化を続けているため、定期的なアップデートを心掛けましょう

こちらの記事もオススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です