ニュース

白川郷で火災、放火の可能性は?被害状況、首里城の模倣犯の可能性

 

11月4日、世界遺産に登録されている白川郷で火災が発生しました

今回この火災に関する

  • 火災の原因
  • 被害状況
  • 放火の可能性
  • 首里城の模倣犯の可能性

についてご紹介します

 

火災の原因

首里城に相次ぎ、白川郷での火災が本日4日午後2時30分ごろ起きました

火事が起きた場所は、重要文化財に指定されている「和田家住宅」などのある場所で、世界遺産である集落からは500メートル以上離れている物置からの出火だそうです

出火の原因は判明していませんが、今回の火災は「配電盤」からの出火である可能性が高いと言われています

 

被害状況

火災が起きた小屋である「物置小屋」「配電設備小屋」の2棟が全焼しました。そのほか、物置小屋に止めてあった軽トラックと、乗用車1台が燃えました

幸いなことに、観光者も多くいらっしゃいましたがけが人は0人でした

集落にも延焼がないため、特に大きな被害にならなかった事が不幸中の幸いです

 

放火の可能性

今回の事件で疑われているのは「放火の可能性」です。首里城の際にも数々の疑いが浮かびましたが、現在も出火原因は謎に包まれています

今回の白川郷の放火の可能性は、結論から言うと「可能性は低い」です

現在出火元は判明していますが、どのように出荷が起きたのかについては判明していません

ではなぜ放火の可能性が低いといえるのでしょうか?

その理由は以下の2点になります

可能性の低い理由
  1. 多くの観光客がいた
  2. 昼の時間に出火が起きた

 

1.多くの観光客の存在

この時間は多くの観光客がいたため、多数の目撃情報と消防への通報がありました

人の目が多くあるなかでの犯行となると、かなりのリスクを伴います

もし犯人が誰かを巻き込む目的であったとしても、場所がメインの集落から離れており、なおかつ駐車場なので巻き込める可能性は低いものとなります

世界遺産を燃やすため、という理由の場合であっても場所が離れているため考えずらいです

 

2.昼の時間の出火

出火が確認された時間は午後2時30分

お昼時から少し過ぎ、多くの方が活発に活動をしている時間になります

この時間にわざわざ犯行をする理由はまずないです

バレる可能性や、被害が最小限に収まる可能性、世界遺産に延焼する可能性…すべてにおいて犯人からすれば都合の悪い状況です

上記を踏まえると、放火の可能性は極めて低いものと考えられます

 

首里城の模倣犯の可能性

先日首里城で火災が起きたことがとても大きく取り上げられました

首里城の記事に関してはこちらにまとめています

首里城の現在の状況・火事の原因。放火した犯人はYouTuber? 10月31日、令和初のハロウィンに”首里城で火事”というニュースが報道されました。朝のニュースを見て衝撃を受けた人は多いのではな...

ネットでは今回の白川郷での火災に関して、同一犯・模倣犯を疑う声が上がっています

連日世界遺産での火災が続いているため、このような疑う声や、不安な声が上がることも無理はないのかもしれません

先ほど「放火の可能性」で説明を行った通り、今回の火災が人為的に行われた可能性は低いです

そのため、同一犯・模倣犯である可能性も低いものと思われます

 

冬の火災に注意を

冬は乾燥の時期でもあり、火災が発生しやすい状況になりやすいです

今回の火災の原因は明確には明かされていませんが、配電盤による出火である可能性が疑われています

配電関連は自宅でも起こりうる、他人事ではない問題です

自宅の配線や、火周りなどに気を付け、火災が起きないように徹底しましょう

 

こちらの記事もオススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です